忍者ブログ
管理人tomoの日々の徒然を綴るブログです。最近はBLOOD+ソロモンMOE爆発です
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

逝ってきました





アジカンのボーカルのごっちはHPで日記を書いているのですが
それを行く前に見てて
〝ツアーの疲れと喉の酷使で声がでなくて、注射を打ってだしてる

みたいな事を書いていたので心配でした。


開演19:00で到着したのはぎりぎり
ホールに入ったらすぐに消灯 アジカン登場!!ではじまり
声は…きつそうでした。高音がぜんぜんでなくて
歌声は○田來未みたいな  失敬「(^^; ) !!
 

ごっちもよ~くわかっているらしく
「チケット代返せって言われたらかなしいな」などと言ってる場面も
あった。

歌が思うように出せない分演奏とパフォーマンスに力を入れていたんじゃないかと思う。
『リライト』の時途中からスペシャルパーカッションモードに入って
メンバーがタンバリン、ミニ太鼓、笛とか鳴らしていて、楽しかった☆

STUDIODORST初めて行ったんだけど、真ん中に超でっかい
ミラーボールがあって(直径2mくらいあるんじゃないかな)
『センスレス』のときだけ回ってた!すごい光光光☆



アジカン、初めてワンマンのチケ取れて行けたんだけど
ごっちの美声が…ちょっと残念
でもギターのケンスィ側にいたんだけど顔がちっちゃくて
。゚+.(・∀・)゚+.゚カコイイ!! かった

『君という花』と『羅針盤』が聞けてよかった
まだサンボマスターとアジカンのライブしか行ったことない初級者
だけど今回のSTUDIOCORSTは抜群に音が良く聞こえた
演奏しているのにCDから聴いているかのように雑音がなくて
アジカンのプロ魂でしょうかー

恒例のツアーT(アルバムT?)購入してきた♪
うさ耳かわゆい☆




PR
過去の話

アンシェルとソロモンにディーバのもとへ連れてこられたカール
ディーバの血をさずけるとアンシェルに決められてきた





「その前に…あなた 美味しそう♪」

「ソロモン!」 怯えるカール

「怖がらないで。。。君は選ばれたんだ」










ディーバのコンサートがキャンセルになり、ルイスは困っていた
その横でせっせとケーキつくりをするデヴィッド!!(*´д`*)イイ
ハヴィアの誕生日パーティの準備中だった。











カイはモニークと買出しへ…

新婚さん☆



モニークの話に上の空のカイ 小夜のことを考えていた


その時小夜を見つける

ジェイムズとの戦いの後のことをきにするカイだったが
すぐに直るから…と小夜はカイをさける

立ち去ろうとする小夜をモニークが引き止めた
ハヴィアの5歳の誕生日会を多くの人に祝って欲しいから
来て欲しいと話す



小夜と約束して別れた。








その頃研究所の引越しをしていたヴァンの元からカールによって
コープスコーズが持ち去られていた。

その報告をうけたアンシェルとソロモン
カールの目的は小夜だろうと推測するソロモン
生きがいである小夜はカールには殺せないだろうとアンシェルは言う

「カールを救出しますか」

「語る必要はあるまい」

「また僕なのですね」

「ドイツではいい仕事をしてくれた」

「兄さんは本当に残酷な人だ」


ねえ ドイツでなにがあったのよぉー!!
ソロたんヽ(´Д`;≡;´Д`)丿










こ、、これがデヴィッドが愛情込めて作ったケーキね!!☆☆
さすがデヴィッド 何でも上手だね!!o(*^^*)o



約束通り小夜がやってきた

「お誕生日おめでとう★」



プレゼントはハヴィアと同じくらいの大きさのクマのぬいぐるみ

ハヴィアは大喜び♪

私はこれで…と去ろうとする小夜をグレイが止めた
そして真央も「サシでじっくりハナシがしたかったのよ!!」






そんなグレイの家を遠くからじっとり見つめる人影


カーーーール!!!









カールが小夜の前に現れた

久しぶりだね小夜。今宵君に会えたことを幸せに思うよ
あの日の君は狂おしいまでに純粋な怒りに身を任せ
動くもの全てを破壊していった。人であろうと獣であろうとその境なく
あの時の君は美しかった。僕にとっての女神…
ディーバと等しく世に混沌と破壊をもたらす存在
もう一度見せておくれその姿今宵僕と踊ろう!!僕は狂い、そして君も狂う




さあ!!はじめようか!!
僕と君にふさわしいパーティーを!!!
邪魔はさせない。君と踊るのは僕だけだぁーー!!




コープスコーズが6体襲い掛かる。



そしてシフ三人も参戦!!


カイが特製弾でコープスコーズを1体倒した




家の中はルイスと岡村が守っている。


みんなで協力だーー!!
ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ



ハジもチェロケースで応戦★







うれしいよ小夜。いまここにあるのは僕と君の二人きり
殺しあうこの瞬間だけ、君も僕も相手のことだけを考える
君は僕の事を僕は君の事を…
このステキなふたりだけの時間を誰にも邪魔はさせない
さあ 僕のことだけ考えて 僕を殺すことだけを!
そう!!その太刀筋だ。いとしい僕のさやが今 目の前にいる










そのころ…ソロモンはカールの元へ向かっていた

おそらくカールを殺すために…




ソロモンは思い出していた…

「覚えているかね、カールをシュバリエにしたときのこと」

「彼は彼が望むことなくシュバリエにされてしまったんでしたね」

「グレゴリーの打ち出した理論によれば
ディーバの血が全てを変える。個体差はあるにせよ
モンゴロイドがそれに適応しうると」

「素材がアジア方面からしか入らなかった時代の話です」

「カールは選ばれ、そしてデルタ計画は始まったのだ
ロシアで種は蒔かれ、ドイツで芽吹き、ベトナムで実った。
そのために欲しかったのが、カールの肉体だ。
シュバリエとしての不死生を備えた実験材料がほしかっただけなのだ
だがやつはディーバに愛を求めた。与えられるはずのないものをだ」









見てごらんよ、この醜い腕を。
君を殺すために僕はアンシェルの申し出を受け入れたんだよ
ベトナムで私を見つけたアンシェルが言ったんだ
実験台としてなら生かしておこうと。だが私の運命など
初めから決まっていた シュバリエとなったその時から
体は切り刻まれ、接合を繰り返す
シュバリエとはなんなのかそれを知るためだけに。
そんな私の希望はディーバだけだった
この体に流れるディーバの血だけがシュバリエとしての絆の全てだった
ディーバの愛が向けられる事こそが、私の望みだった
だが、ディーバが私の元から去り 初めて分かったんだ
私を分かってくれるのは敵である小夜 君だけなんだ
もう君だけしかいないんだ





「さあ行こう望まれぬもの同士二人だけの世界へ」





小夜の血を飲み干そうとするカール





カイの声が聞こえてくる…〝小夜!!〟


…私は死ねない こんなところで負けられない私には守らなければならない人たちがいるのに!!…


カールの左腕が飛び



小夜は自分の腹を突き破ってカールに突き刺した!!



後ろにいたソロモン。小夜の刀を押さえていたカールの左腕を飛ばしたのは彼


みるみるカールは結晶化していった



自分で刀を抜こうとする小夜をソロモンが止める
無理に抜けば体が危ないと刀を抜いてあげるソロモン



「一週間後ディーバがクリスチーナ島へ向かうそうです
僕を信じる、信じないはあなた自身で決めてください
僕もまた孤独なのかもしれません」














あとがき 今回はソロ祭り★★

カールが死んでしまって、楽しみがひとつ減ってしまった。
結局は小夜に殺されてしまったのだけど
ソロが手助けしていたのが少しショックなかんじ
でも今回のカールの一人語りはすごかった(´Д`;)
書くのがタイヘンだった…
カールばいばい

そしてソロ祭り
















Plofile
HN:
tomo
HP:
性別:
女性
自己紹介:
今は毎週土曜日BLOOD+が楽しみで…
音楽はアジカンとサンボマスターに癒されマス♪
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
瀧たま最近の俳句♪♪  ☆6月に あつまっていた エンディング ☆楽しみや うれしいのです 自分なり
最新CM
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(09/07)
(09/07)
Message
質問ご意見等ありましたらどうぞ
<< 前のページ 次のページ >>
忍者ブログ [PR]