忍者ブログ
管理人tomoの日々の徒然を綴るブログです。最近はBLOOD+ソロモンMOE爆発です
[17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ディーバたちの行方が気になるところですが今回はお休みです。

ネタバレ注意















やっと動物園へとたどり着いた岡村と真央
大量の血、折れた日本刀などを見つける。
そこはなにかとんでもないことが起こったことを物語っていた。




ところ変わって赤い盾本部(どうやら豪華客船のようなのが本部だったようです)

ジョエル、コリンズ、デビッド、ルイス、小夜により作戦会議がひらかれていた。





お題  アイスランド遺伝子研究所襲撃についての話
アイスランドは外部からの侵入者が入らず、古くからの血統が保たれている。系図?が保管されている。ことなどがあきらかになる。
研究所のスポンサーはサンクフレシュ 同様ゴールドスミスの血がながれこんでいるものがかかわっているとのこと   

前にもでていましたが、おそらくアンシェルが関わっていると思われます。襲撃事件にはおそらくシフが関わっているのだと思っているのですが、研究所ではなにを研究していたのかはまだわからないです。





ジョエル長官  もしかしたらシュバリエだったり?なんて思ってたけどふつうの人。なーんかぱっとしないんだよなーやさしいし。いい人なんだけど……とか言われてしまうタイプだよね。


会議のあと ジョエルはデビットを誘います。





カローン笑。今回のBLOODはちょっとオトナな雰囲気なのデス


親友というより戦友?というかんじの二人
ジョエルの日記は代々ジョエルの名を持つものが書き続けてきた。だが動物園で惨劇が起きた日の日記はない。

日記……毎日書いてるんでしょうか!?すごい。毎日書くネタあるのかな

1883年 6代前のジョエルの時に惨劇を起こしてしまい、そのことの良心の呵責から今のジョエルは家督を継いでいる。
ジョエル「世界が翼手て満ちる未来でないように最後まであがこう」





初めてデビットさんが笑ったの見た。ハニカミたん☆






リクの血の分析をしているジュリア。
そこでDNAの第四の塩基の発見する。答えのすぐそばまで近づいているのでは?とコリンズへ報告する。
コリンズ「これが発表できればノーベル賞ものだな」
ジュリア「この研究に携わることができて満足です」




ジュリアもにっこり☆☆
ジュリアは大学の研究室にいたときコリンズが教授であり、コリンズに声をかけられ翼手の研究に携わるようになったようです。
研究に携わっていることに喜びを感じているようなジュリアですが
コリンズは研究を発表し名声を得るとかそうゆうことが目的のような感じです。ただ、赤い盾の存在や活動は世間には秘密だろうから、今の環境の中ではそれはかなわない事を不満に思っていたり。


そんなコリンズへ電話がかかってきます。





あめちゃんー!!もちろんアルジャーノんです☆


彼もまた大学研究室にいたときコリンズが教授であったようです。

…てことはジュリアと同じ時期に大学にいて告白してフラれたことがあったりーなんて番外編あったらウケるーあめちゃん散々!!←妄想

アルジャーノんに「ホモサピエンスの先にある生物に興味がおありとか?」といわれたコリンズは図星のようで動揺しまくりです。






真央と岡村 宿に宿泊
今日のBLOODはやはりオトナな…





真央「カイ生きていると思う?」
岡村「死んだ」
真央「生きてるぜったい生きてるもん!!」





真央「何してるの?」
岡村「動物園の所有者をあらってる」
真央「わたしはシャワーで自分をあらうーー」





このシーン好きです。まおたんかわゆいーいつもカイに一途で気の強い面ばかり出ていたけど違う一面が…
岡村さんと真央たんは合わないようで実はかみ合ってていい感じです。






赤い盾本部
デビットから新しい牙だといって刀手渡された小夜
そこには翼手になったジョージの結晶が!!






「私もう逃げません。ディーバを倒すまで逃げません!!」


決意を新たにする小夜なのでした。


今回の刀は前のよりも折れにくそう。小夜の心の成長を表現しているのかな





予告リク

「ねえぼく いつも小夜ねえちゃんの事が気になっておなかがすかないし、夜になっても眠くないんだ」



って えーー!シュバリエになったとたんに小夜のことが気になってしょうがないですと。すごいね血ww

























































PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
赤い盾
Episode−25:赤い盾 ディーヴァに襲われたリクを連れ、小夜達は赤い盾の本部に入る。小夜の血を取り入れた事で一命を取り留めたものの、依然意識の戻らないリクを見守る事しか出来ないカイ。自らの血を分け与えた事が果たして本当に正しかったのか、答えを出せずにいる小夜。そしてそんな彼女を見詰るハジ。←花鳥風月的追記(爆)重く苦しい時間が過ぎてゆく―――…。 BLOOD+メルマガ情報キタ―――!!!!! 小夜の手に渡される新しい刀ッ?! 第25話「赤い盾」 小夜達は、傷ついたリクと共に赤い盾本部に帰還していた。一方、ジュリアはリクの体内から採取した血液から新たな塩基を発見する。 ジョエルとデヴィッドの系譜が明らかにッ!?←えッ?!ジョエルとデヴィッドって上司と部下以外に関係あるのッ?! そして小夜の手に渡される新しい刀ッ!!!!!←デザインは一緒で色だけ変えた…とか言わないわよね?ちょっと期待vV 注目の25話を見逃すなッ!←勿論、30分前待機は当たり前よ♪ そんなこんなで今夜も待ち切れないッ!!!!! 放送開始4分22秒: 「脈拍、呼吸…」 「共に微弱だけれども、安定して動いてるわ」 「それじゃ生きてるんだな?」 「ええ、予断は許さないけど…」 「でも生きてる…今はそれで十分さ」 「傍に居なくても良いのですか?」 「リクが目覚めたとしても、私…カイの前でどんな顔して良いのか分らないの…だって、私の所為で…」 「小夜は…彼の望みを叶えただけです」 「でも、リクはもう…」 「小夜」 「君も作戦会議に出席するんだ」 「私も?」 血塗れコートの深まる謎ッ?! 組織を離れ、ハジと愛の逃避行を図られて以来、赤い盾も色々と小夜に対しての待遇が変わったように思う。一番の戦力である小夜を蚊帳の外に置いていては、組織との連携どころか、ただ悪戯に不信感を抱かせるだけである事に漸く気付いたのだろうか?それにしても寂しい作戦会議だな…豪華客船を本部に出来る財力があるなら、衛星中継で各国に散らばっているエージェント達も召集すれば、もっと賑やかだったろうにね。 如何でも良いけど、ハジのコート…本部でクリーニングしたのかな?この後の場面では綺麗に成ってたよ。ま、某掲示板で語られる説…破れても汚れても元通りなハジの皮、あれはきっとハジの一部なのだろう。その内、見事なハジの脱皮もご披露願いたい。 放送開始15分29秒: 「これで良かったのかな?」 「本当にリクに血を分けて良かったのかな?」 「彼を助ける為に、仕方の無かった事です」 「それは…本当に助けた事に成るの?目覚めてもこれからずっと、自分の時間を止めたまま、生きて行かないといけないんだよッ!」 「貴方のように―――…」 「リクは貴女のシュヴァリエに成りました…」 「貴女がいれば…彼は永い時を、貴女への想いだけで、生きて行く事が出来ます…」 「私と同じように―――」 ハジ…愛の告白キタ―――!!!!! 不意撃ちだッ!!!!!しかも、リクをダシに告るとはッ!流石は130年ロマンスお・と・こvV「貴女なしでは生きられない」って台詞を、素で言える男に出会っちゃったよ♪くぅ〜侮れねぇ―――!!!!! しかし、それがリクの幸せに繋がるか?と言うと、全く繋がらない訳で、アニメ誌情報にあったシュヴァリエ豆知識によれば、シュヴァリエに成ると、主人を守る事に喜びを感じる様に成る。だが、シュヴァリエに成ったから無条件に主人を好きに成るという訳ではなく、元々あった惹かれる気持ちが強く成るらしい。要するに、リクの場合は、ちょっとしたシスコンが、過度のシスコンに変化する…否、その程度で本当に済むのかッ?!ハジ小夜的不安材料は後を絶たない。 ハジの場合、21歳で人としての一生を一旦終えるが、その時既に「死んでもいいvV」くらいの勢いで小夜を愛していた…って言うか、本当に小夜の所為で生死の境を彷徨い、そして血分に因り息の根を止められたと言っても過言ではない状況だったから、彼はきっと今も幸せなんだと思う。しかし、ハジが幸せだからと言って、リクも幸せな訳がない。ハジの初恋は小夜、リクは恐らくムイだろう。それにハジとリクとでは、小夜に対する愛情の種類がまったく以って違う。ハジは恋愛感情、リクは家族愛。其処の辺りに忠誠度の違いも見えてくるのかも知れない。ディーヴァのシュヴァリエでありながら、小夜に色目を使えるソロモンのように―――…。 放送開始18分32秒: 「此処に居たのか」 「小夜…君の過去の事、黙っていて悪かった。我々は君が自分で記憶を取り戻すのが最善と考え、何も教えない事に決めたんだ」 「だが、その結果リクまでこんな事に成ってしまって…ジョージに申し訳が立たない」 「俺の親父は赤い盾にいて、作戦で死んだ。ルイスはクララとCIAの仲間だった。長官は君を育てた…ジョエルの直系だ」 「我々赤い盾にいる構成員は、少なからず翼手に対する因縁で繋がっている。翼手への怒りや憎しみ、死んでいった者達への嘆きや悲しみ、そうした想いすべてを…結局、君一人に背負わせてしまう」 「だが、今は君しかいない」 「私…もう逃げません!」 「戦いが終わるまで…ディーヴァを倒すまで…もう、逃げません!」 「君の新しい牙だ」 「すべてを忘れない為に、我々は翼手の血漿を持っている」 「君の持つ血漿は、ジョージの血漿だッ!」 「おとうさんの…」 「我々も一緒に戦う」 「ディーヴァを斬れば…」 「ディーヴァを斬れば…みんな終わる」 「きっと、すべてが」 「それが貴女の望みなら…」 「その時が来るまで、私は私の役目を果たしましょう」 久々に心が震えた―――。 今まで誰かに支えて貰わないと立って居られなかった小夜が、やっと一人歩きを始めた瞬間。主人公たるもの、周りを引っ掻き廻してなんぼ。今まではその逆だったから、妙にイラついてみたりしたけれど、これでもう安心だよねッ?さあ、思う存分暴れておいで…小夜vV新しい牙を手に入れた貴女は、何処に出しても恥ずかしくないドロクのヒロインだッ!!!!! そんな彼女に傅くハジも、漸く本気で動く模様。CIELで吸血行為の初お披露目も済んだ事だし、あんな力持っているのなら、実戦で使わなきゃ損だよッ!小夜のシュヴァリエとしての意地…是非とも見せて欲しい。 そして今回天の中で、益々男の価値が上がったデヴィッド。自らの過ちを認め侘びを入れれる潔さ、その身にある弱さ狡さも吐き出し、それでも尚「君しかいない」と言い切った彼に疑う余地は見当たらない。「我々も一緒に戦う!」この一言がどれだけ小夜の励みに成るか…口先だけの男でない事は周知の事実。赤い盾の組織自体に信用はないが、彼の周りだけは信じれると思ったEpisode−25。 放送開始21分42秒: 「良いな…お前は、そういうのが弾けて…俺も楽器が出来れば、余計な事言わずに済んだかも知れねぇ」 「手解きしましょうか?」 「いらね」 ハジカイって…イけるかも? 25話にして、初めて会話が成立したハジとカイ。それは単にハジが何時もより喋っていたから…否、喋るように成って来たからに他ならない。でも、ハジよ…カイ相手に「手解きしましょうか?」は危険だろッ?!CIEL発売で色めき立つ腐女子に、煮え滾った油注いでんじゃねぇ―――!!!!!勢い余ってカイを如何こうしちゃうハジ想像しちゃって萌えたじゃないのさッ!!!!!それこそ「力を抜いて」な勢いで…結構ツボったよvVカイ小夜は全然駄目でもハジカイは逝ける…天の中でカイは受け子だったんだね。今更ながらに気が付いたよッ!キャラの見方が変わると、彼の過度のやんちゃっぷりすら愛しく成るから不思議。でも、天的にハジ小夜(リバ可)は譲れないので、ある意味王道のデヴィカイで萌えるとするかッ♪(爆) 放送開始23分32秒: 「リクに変化があった」 「脈拍、血圧、正常値に戻っています」 「もう一度採血する必要があるな…準備してくれ」 「…はい」 次回BLOOD+Episode−26:サヤに従うものは、フランス・マルセイユ新港に隣岸する赤い盾本部船。昏睡状態にあったリクは目を覚まし一同は喜ぶが、以前とは違う自分の体にリクは不安を感じていた。そんな弟の姿を見ても、カイはどうすることも出来ない。そんな中、小夜を付け狙うシフの一団が赤い盾本部に迫り来るのだがッ?! 「ねえ、僕…如何成っちゃうのかな?いっつも小夜姉ちゃんの事が気に成るんだ!それに…お腹も空かないし、夜に成っても眠れない!ただ時々凄く咽喉が渇いて、でも…水を飲んでも全然駄目なんだ…ねえ、兄ちゃん如何してかな?」 「次回BLOOD+、サヤに従うもの」 「カイ兄ちゃんって…暖かいねvV」 いやぁ―――!!!!! シュヴァリエと成ったリクにとって、 カイ兄ちゃんもご飯だよッ!!!!! 今でこそEpisode−26のタイトルは「サヤに従うもの」だけど、改定前を知る者は、皆今回の予告で戦慄したのではないかッ?!因みに仮タイトルは「初めての食事」や、やっぱお食事は、暖かい方が美味しいよ…ねvV でも、気に成る事がひとつある…リクが本当にシュヴァリエと成ったなら、何故呼吸器内の息が白いんだッ?!極寒のシベリアでは、ハジ・アンシェル・グレゴリー達の息は皆白く成らなかった―――…。今回の血分は…単にリクを翼手化しただけのものなのかも知れないッ?! 次回もやっぱり見逃せないッ! すべては愛しいハジのために―――…。
URL 2006/04/03(Mon)00:07:48
BLOOD+ #25 赤い盾 はヤバいっすよ
『あ????別にあんたと同じ部屋だからって、何の危機感も感じてないわよ』 あらすじ 夜 動物園を調べる岡村組。 見付けたのは大量の血と折れた日本刀。 赤い盾本部 リクの生命サインは低い値で安定。 この先どうなるかわからないが、 『でも、生きてる。今はそれて十分だ』 とカイ。 『リクが目覚めたとしても、どんな顔すればいいのか………』 サンプル発言に、アスランは『人間なんだ!!』 アイスランドの遺伝子研究所が荒らされた。 サヤを見守るのはデビットの名を持つものの役目。 会議が終わる。 『...
URL 2006/04/03(Mon)00:12:51
BLOOD+Episode-25『赤い盾』
今日は『TBSオールスター感謝祭』のためBLOOD+の放送時間が30分繰り上げで放送されたわけですが、皆さんちゃんと見れましたか?プロダクションI・Gの新たな期待作として始まった『BLOOD+』も今回で25話と折り返し地点を迎えました!4クールというと長いような早い...
URL 2006/04/03(Mon)02:33:04
BLOOD+ #25
『赤い盾』
URL 2006/04/03(Mon)11:05:47
第1274回 アニメ BLOOD+Episode-25「赤い盾」
えーと、感想始める前に一つ言っていいですか? 時間間違えた…orz なんで、全体的な感想を少しだけ。 〜あらすじ〜 ディーヴァに襲われてしまったリクを連れ、小夜達は赤い盾の本部へ入る。 小...
URL 2006/04/03(Mon)11:07:03
BLOOD+ 25話 赤い盾の素顔
スクラン二学期が面白すぎます。明日から日記書くかもしれません はいこんばんわ  血が出ても死なないホラー映画、BLOOD+です スローペースで申し訳ない。それでは今週のブラッド
URL 2006/04/04(Tue)01:23:50
(アニメ感想) BLOOD+ 第25話 「赤い盾」
BLOOD+(5) 衝撃の展開となった前回、ディーヴァの登場にリクのシュヴァリエ化(これに関してはまだ謎が多いですが)、今までなら割と先の展開は容易に推測出来たのですが、次第に読めなくなってきた今日この頃です。一日も早いリクの回復を祈っていますが、シュヴァリエ化...
URL 2006/04/04(Tue)17:25:11
BLOOD+ Episode-25「赤い盾」
真央と岡村が、森の中。
URL 2006/04/07(Fri)18:19:48
BLOOD+ Episode-25 『赤い盾』
今回は、少し落ち着いた感じの内容でしたー。 小夜の血を分け与えられたリクに、何らかの変化は見られるのでしょうか。 以下 感想。短いです。。 ※ネタバレあり
URL 2006/04/09(Sun)01:28:12
Plofile
HN:
tomo
HP:
性別:
女性
自己紹介:
今は毎週土曜日BLOOD+が楽しみで…
音楽はアジカンとサンボマスターに癒されマス♪
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
瀧たま最近の俳句♪♪  ☆6月に あつまっていた エンディング ☆楽しみや うれしいのです 自分なり
最新CM
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(09/07)
(09/07)
Message
質問ご意見等ありましたらどうぞ
<< 黒髪   HOME BLOOD+24話考察 >>
忍者ブログ [PR]